So-net無料ブログ作成
検索選択

第37回 火祭りロードレース [RUN]

何年ぶりだろうか、富士吉田の火祭りロードレース。ハーフの部。
以前走った時は、カンカン照りで鉄板の上を走っているような印象だった。
DSC02375a.jpg

2度目の火祭りは、以前とコースが変わっていた。

朝3時半起床、食事と身支度をして4時半出発。
中央道は何気に交通量があった。
5時半、北麓公園駐車場着。
受付時間になったらナンバーカードをもらいシューズのブースを覗く。

富士登山競走で終わったシューズの代わりを探しにね。

イベントではほとんど見かけないasicsのソーティマジックが置いてあった。
しかも欲しかったLT、サイズ26cm
履くとピッタリ!
お安かったので即購入。しかも後で聞くとラスト1足。
これはもう出会ってしまった以外の何物でもない。
DSC02373a.jpg

で、早速使うことにした。

天気は曇りから日が差す事もあり少々暑い。
スタート前、軽くアップをして給水を十分に摂る。
前回、スタート前給水を忘れてひどい目にあったのでここはしっかりと!

競技場が改装中なのでスタートは野球場わき。
DSC02379a.jpg


スタートの号砲と段雷が鳴るも、狭いスタートコースなのでいきなり渋滞。
フィニッシュタイム2時間以内のプラカード付近に並んだので、中々バラけないまま北麓公園を後にした。

公園を出てすぐにトイレへ行きたくなった。

給水を摂りすぎたようだ・・・

いっぱい汗をかいて絞り出そう!と根拠のない案が浮かぶのも焦っている証拠。
しばらく走ると登りが始まる。
先月も走った、富士登山競走のコースである。
あの苦しさを反芻しながら登ってゆくが、ここでかなりの人数を追い越した。
オーバーペースか?と思ったが周りがスローなのだ。

中ノ茶屋給水所が近づくとトイレが見えた!
ここでトイレ休憩(-_-;)

ここからしばらく未舗装路が続く。
傾斜はどんどんキツクなりそれでもアップダウンがあるので、所々で走りながら休めた。

折り返し手前で塩をひとつまみ口に放り込み給水。
ん~!生き返る!

折り返すと下りが続く。
登りは好きだが下りは苦手、スピードを殺さずオーバーせずが難しい。

再び富士登山競走のコースに出て、今度は下る、下る、下る。
この下りも長い。

東富士五湖道路をくぐってすぐの側道を右折。
なだらかなアップダウンなのでココでスピードを上げたい所だが、脚が上がらない。

まさかの、下りでオーバーペースだった様だ。

折り返して再び登りは続く。

北麓公園までにかなりのランナーに抜かされた。
ランニングキャップからはボタボタと汗が流れ落ちる。
まるで小雨の中を走っている様な落ち方だった。

そして、球場内のフィニッシュへ。

1時間46分08秒 完走
DSC02376b.jpg


中々ハードなコースで面白い。来年も走りたいと思う。
おニューなシューズ、この1年よろしく I Shoes!
DSC02380a.jpg


帰りはお決まりの温泉、ランナー達のイモ洗い状態の露天風呂で一息。

そばを食べて一路家路へ・・・

中央道、谷村PAで渋滞確認。
大月から混雑、小仏トンネルは渋滞24km・・・・
更に断続的に10km越えの渋滞。

大月で降りて甲州街道を行く事にした。
DSC02384a.jpg


隣の車線が速いとか車線減少でもたつく車にイライラすることもなく、出口と上野原でちょっと渋滞しただけで普通に走れた。
むしろスピード違反にならない様に注意した位の快適走行。


藤野のラブレターも現存確認できた!
DSC02392a.jpg

緊張でなかなか渡せずにポッケの中、汗でクシャっとなった感じに見える。

そんな緊張も忘れた今、

嗚呼、汚れちまった悲しみに


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る