So-net無料ブログ作成
検索選択

42.195km・・・Honoluluへの道(11) [旅]

HAWAII滞在10日間、まとめにならないまとめ。

色々な事があった。普通のツアー観光客とは違った感じにはなったが、それもまた良い。

出発前に色々と言っていた周囲の人達は、次々と更新されるブログを見る度にコメントを寄せて来る。
もはや否定的なものは羨望へと変わっていた。
調子の良いもんだ。


朝はご飯を炊きスーパーで買ったPOKEと味噌汁で朝食。
286708030_103.jpg


炊飯器は日本製だが表示は全て英語。まあ当然だが。
286708030_151.jpg


ゴキブリホイホイだって輸出仕様
287804473_19.jpg


マラソン後は走る事も無く近所を散歩。
オナカが空けばファストフードで、マヒマヒバーガーとサイミンのプレート
zip.JPG


WAIKIKIの街を歩けばちょっと逝ってしまった兄ちゃんが。。worker? You are worker ??と絡んで来る。
アメリカの作業服姿に履き古したボロのスニーカーのせいか、ダークな地元民だと思われていた。
要は、クスリ売ってくれって用事だった。
アラモアナショッピングセンターの前だぜ・・・

なんともDeepである。


気を取り直しちょっと郊外へ・・・

輸出仕様の日本車が何だか新鮮だったり
3234070_3372041726.jpg


3234070_1704361885.jpg


夕方にはベランダでビール。
3234070_6018780.jpg


暮れなずむ風景を見ながら・・・
111imo 001.jpg


palolo.JPG


ベランダの柱に栓抜きが・・!
287804473_26.jpg


その片隅には瓶ビール
12kona 004.jpg



移動は徒歩かThe Bus 
3234070_1873999321.jpg


バス停のベンチには近所の中学生の落書き
3234070_2214547456.jpg


トランスファーチケットも
3234070_1028337262.jpg


近所のおばあさんとの挨拶も自然に・・・・

アメリカの日常の中で生活出来た事全てが、愛おしくてたまらない。

帰国の朝、友人宅を出て急な坂を下る。
3234070_2147147889.jpg


ふと振り返り、再びこの坂を登る日を思いながら。
3234070_4274741070.jpg


-------------------------------------------------


ハワイ ブログランキングへ


Honolulu滞在記ブログのお引越しはここまで。
ちょこっと文章が変な所は、編集・加筆をしております。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

42.195km・・・Honoluluへの道(10) [旅]


初フルマラソン完走。

その夜は先輩達のツアー主催打ち上げパーティーに出席した。
もちろん正式に、添乗員さんにも「ありがとうございました!」とお礼を兼ねてね。

その後、先輩達と分かれ、タクシーで帰宅・・・・・ん?帰宅って言うのか?

洗濯機を回し、ベランダでWaikikiの夜景を眺めながら完走の余韻に浸った。
3234070_2290798152.jpg


---------------------------------------------------

翌日は完走証を受け取りに、カピオラニ公園へと徒歩で出掛けた。
知っている道は遠回りになるので、初めて通る道だが真っ直ぐに公園方面を目指した。

H1を超え住宅街へ入る。
h1.JPG


家の駐車スペースに停泊?してた船。普通じゃない光景が普通に見えるのもHAWAII。
290555084_192.jpg


そんな事してたら途中で道に迷ってしまった。
太陽があの位置だからぁ~等と歩いていたら、道端でピックアップトラックのボンネットを開けてゴソゴソやっていたおじいちゃんがいた。
英語はしゃべれないが話しかけてしまった・・・・・・!

I want to go to KAPIORANI Park. i'm just lost to way.

知っている単語のオンパレードで尋ねてみた。
車の影から小さな女の子が顔を出す。
多分、孫娘なのだろう。
老人の言葉は速過ぎて聞きとれない。女の子も流暢な英語・・なのだが舌っ足らずな所が可愛い!
自分はただただ・・・

more slowly please..speak more slowly....

それでも何とか公園までの行き方を聞き出し、おじいちゃんと女の子にお礼を言って別れた。

公園まで、外出してから1時間半。
ふつうに歩いても40分で来れる距離だが、何だか貴重な体験をした90分だったな。
そんな思いをして受け取った完走証と新聞。
finish.JPG


何だか誇らしさを胸に、筋肉痛にもめげずWAIKIKIの街中へと繰り出した。


ハワイ ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

42.195km・・・Honoluluへの道(9) [RUN]

スタートしてすぐのHonoluluシティライツ。
3234070_2671731172.jpg

まだまだ余裕である。
ワイキキの街を抜けるとビーチ沿いの道に出る。
その頃には薄っすらと白みかける空が青い。

何度か林を通る道になるが、この辺りで林の中へ駆け込むランナーが出始める。
何だろう?と思い目をやると・・・立ちションである・・・!
コイツらのほとんどが日本人。何とも嘆かわしい光景であった。
失格にしてほしいと心底思うのであった。

3234070_2067792204.jpg

そのうちに夜は明け、日光が出る頃にはハイウェイへとさしかかる。
何処までも続く真っ直ぐな道。
飽きるほど単調な時間が流れ、無表情になって行ったと思う。

そんな時に横をすり抜けて行ったバニーに目が行く。
289584573_225.jpg

何だか今までの単調さが一気に解消される一撃だった。
そこで初めて周りの景色やローカルの応援が目に入って来る。

何だか楽しくなりハイタッチなどもするまでに前向きになった。

ハイウェイから住宅地に入り再びハイウェイへと折り返す。
給水やら給食のバナナを頬張りゴールを目指す。

後から聞くと、この先辺りで女優の桜井幸子さんがいたらしい・・・!無念

帰りのハイウェイは疲れと腰のシビレ?で記憶はほとんど無い。
ハイウェイを降りた途中にエイドがあった。
ここでマッサージしてもらおうか?
時計を見ると3時間台。
もしかしたら4時間切れるかもしれない!
朦朧としながらも前方にはチラチラと先ほどのバニーが見える。
あれについて行こう!
そのまま走り続けた。

そのうちバニーを追い越してしまい何だか目標が見えなくなった。

そして、ゴールのカピオラニ公園が見えた。
あそこがフィニッシュなのか?
もう終わるのか?
まだ走れるぞ!
もっと走りたい!

色んな想いが駆け巡り最後のストレートへ・・・・・・

横から飛び出したのは、またしてもあのバニー!
あわてて追いかけたが、バニーのラストスパートは素晴らしく速かった!

そして、フィニッシュゲートを通過。

4時間09分45秒

完走


a3234070_1663085351.jpg

人生においてこれほど長時間を走った事が無い。
意外にも走れてしまうものなんだな。
何だか物足りない。

公園の芝生に転がり木漏れ日を見ながらそんな事を思っていた。

その横で「私、走れちゃいました~」と涙を流し感動する女子がいた。

オレもあの姿を想像していたのだが・・・
完走すると人生観が変わると言われていたのだが、何も変わらない。
あの女子の様な涙も感動も無い。
物足りなさと、どこか空しさが残った。
祭りのあと、そんな感じだった。

とにかく完走した事はした。それだけで良いではないか。
a3234070_2711116066.jpg




旅後記へつづく



マラソン・ジョギング ブログランキングへ


ハワイ ブログランキングへ



タグ:完走 Honolulu
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

42.195km・・・Honoluluへの道(8) [旅]

-----------------------------
-----------------------------
----!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

AM3:00

フロントの電話で起こされる。

ツアーで来ていた先輩達の部屋で睡眠をとったのだ。
早速にウエアに着替えて集合場所へ行く。
何だかチャーターバスが居たので知らんぷりして乗り込むも点呼で見つかる。
ツアー客じゃ無いので当然つまみ出された。そりゃそうだ、笑
そこからマラソン会場まではまだ距離がある。
添乗員にどう行けばいいか道を聞いていると・・・・

「もう乗っちゃって下さい!」と一言。

なんとありがたい事にバスに乗せてくれた。
何だか分からないうちにヒッチハイクになってしまったのだ。

そのまま会場入りかと思いきや、別のホテルの広間へと誘導された・・・!
ツアー客皆でストレッチが始まる。
え?良いのか?こんな所にいて。と、添乗員を見ると、いいよいいよと無言で頷く。

そして、人生初のフルマラソンのスタートラインに立った。
3234070_3758266619a.jpg

午前5時の号砲と花火の音と共に、42.195kmの旅が始まったのだ。



ハワイ ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

42.195km・・・Honoluluへの道(7) [旅]

いよいよHonoluluマラソン本番前日である。

日本から来た前職場の先輩と合流するので、友人の車に乗せてもらい出発!
aaimo 002.jpg


その前に趣味のひとつである車のカスタムショー「ホットインポートナイト」が偶然開催されていたので行ってみる事にした。

まあアメリカと言えど地方の、それも島のカスタムショーである。
日本で言うところの沖縄あたりで開催される感覚なので、当然地元オンリーのショー。

会場は静かな印象だった。
何故か日本のナンバープレートがあったりもする。
3234070_1138740219.jpg

日本人の友達から貰った物か、オークションで買った物かは定かでない。
しかしながらコレは国からの借り物なので、イリーガルだね。

自分も友人が以前付けていたALOHA STATEのプレートをもらった^^;

エントリー車両はいわゆるJDMってやつですね。
3234070_2972790264.jpg


3234070_40354637.jpg


3234070_1962711530.jpg


3234070_3949543867.jpg

まあ、興味無い人にはまったくもってつまらん物でしょうけど。

3234070_2004465958.jpg

これは世界共通に興味あり?笑


そんなこんなで先輩たちの待つHotelへ・・・

明日はAM3時起き。

人生初の42.195kmなのだ。

なのだ・・・



ハワイ ブログランキングへ


タグ:ハワイ hawaii
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

42.195km・・・Honoluluへの道(6) [旅]

とりあえず、Honoluluマラソンのために来たのだから暇を見つけてはランニングをした。

のどかで気持ち良い・・・・というか、12月なのに暑い!さすが常夏の島である。
287804473_144.jpg


当然だが、輸出用の日本車やアメ車がゴロゴロしている光景が新鮮だ。


時には路上整備も(笑
3234070_4224755791.jpg

Waikikiで綺麗にして走るリムジンタクシーの一部もこんな所で整備されているんだね~。

歩道にも何やら書いてある。
3234070_1712997012.jpg


こんな所に住めたら良いな~なんて思いながら、気持ち良いマラソン練習の日々だったな。


ハワイ ブログランキングへ



タグ:hawaii Waikiki
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

42.195km・・・Honoluluへの道(5) [旅]

Honolulu滞在が始まった。

とりあえず下着や普段着、洗面用具、その手のものは現地調達を基本としているので買い出しへと繰り出す。

近所のスーパーマーケットWALMARTとtimesへ・・・何だか駐車場みたいだなぁ~^^;

times.png

(Googleストリートビューより)

一通り揃えたら友人は仕事へ戻っていった。



とうとう一人である。



家には飼い犬Zoraと飼い猫Sassyがいるだけである。



スーパーで買った道路地図を眺めながらお散歩ルートを決めて表に出てみた。

286708030_194.jpg


普通の暮らしをしている海外の住宅街散歩は初めて、スリルと期待感にあふれていた。

観光客なんて皆無、観光のバスやレンタカーも通らないローカルエリア。

コンビニだって日本みたいに店内が見える訳など無い。

普通のドアと小さな窓があるだけで、言われなければ普通の家か事務所のような佇まい。
palolo10thcombini.png

(Googleストリートビューより)

地元の小売店だね。
ビールを買って出るまでは、かなり勇気が必要だった。^^;

Deepである^^;;;


ハワイ ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

42.195km・・・Honoluluへの道(4) [旅]

Honolulu空港へ着くと一気に暑さを感じた。

そしてアメリカ独特のあの匂い。



先ずはTAXIで友人宅へ。
ドライバーは日本語を全く話せず聞きとれず、こっちも片言で単語の羅列。
住所を書いたメモを渡して、Please!! Go to here

途中、他愛も無い会話?というかコミュニケーションをとりながらどんどん田舎の住宅地へ入って行くので少々不安もあった。
なにしろ友人が引越しした為初めて行く所なので、何処へ連れて行かれてもわからないのである。

「お前の友達って日本人か?」

と聞くので、No,American!! と言っておいた。

何だかその方が安全なような気がしてね。実際、日系3世のアメリカンだけどね。

そうこうするうちに到着。

Honolulu空港からPaloloまで、チップを含めて$40。

そして友人宅に着いたが留守。早速電話で呼ぶと30分位で懐かしい顔がやって来た。

Welcome!!! My Friend!!!

何年ぶりだろうか、熱い握手を交わして部屋へと招き入れてくれた。

bera1.jpg


ベランダから見える青い空、白い雲、そしてWaikikiのビル群。

とりあえずシャワーを浴びてビールを呷るのだった。


ハワイ ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

42.195km---------Honoluluへの道(3) [旅]

寒風吹く駅のホームを小ぶりのスーツケースを引きずりながら日暮里まで来た。




すでにヘトヘトになった訳はスーツケースにあった。


地元の駅までスーツケースを転がしていたら、何かおかしい。


横に逸れたりうまく走らなかったりと。


原因は車輪のひとつが縦2つに割れていた。


もう何回も渡米を繰り返したにもかかわらず、ノーメンテナンンス。


そんな自分に、スーツケースが悲鳴をあげて抗議していた。



-------------------------------◆-----------------------------



京成ライナーの車窓から見た、冬の乾いた夜の街。


通過する駅のホームにたたずむ日常の暮らしを送る人たちをぼんやり眺めていたら、


ふと寂しさに包まれた。


たった10日間の旅なのに、このまま家に帰ってしまいたくなった。


人生初の海外ひとり旅がビビりながら始まる 。





-------------------------------◆-----------------------------






成田第二ターミナル


すんなり搭乗手続きを済ませ名店街で腹ごしらえ。


機内食は期待しないのでここで食べるのがいつもの事。





午後9時過ぎの空港はガラーンとしてほとんどが業務を終了していた。


搭乗デッキに着くと修学旅行の高校生でごったがえしていた。


修学旅行がHAWAII・・・・。



自分が子供の頃、HAWAIIはまだ遠く夢のまた夢。


沖縄がアメリカだった時代。


1ドル360円だった時代。


アメ車が巨大だった時代。


いったい彼らはどの様に感じているのだろうか?国外へ出て行くという事を。


ここであーだこーだ言う気はないが、臨海学校にでも行く気分なのか少し騒ぎ過ぎだな。



そんなこんなで機上の人へ・・・


---------------------------------------------------------



ハワイ ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

42.195km----------Honoluluへの道(2) [旅]

さて、レースはエントリーしたが問題は山積み。


なにしろ電車や車で気軽に行ける所ではない。


途方もない距離と、いきた英語がそこにはあった。




ホノルルにはアメリカ人の友達が居るが、おんぶにだっこで居られるわけはない。


先ずは宿探しからだ。




ネットで検索すると、ワイキキで1泊110ドル辺りが目立つ中で1泊75ドルと格安ホテルを見つけた。


もちろんベッドとキッチンのみの部屋だが、観光目的ではないのでこれで十分だった。


英語がほとんど話せないので、メールでコンタクトを取ることにした。


ホームページには、日本語でOK!・・と書いてある。


ラッキー!と、日本語で送信!


返信メールには一言






english please !!






たったこれだけ。



これがアメリカ人か、と思いながら箇条書きの英語で再送!


が!・・すでにマラソン前後の予約はいっぱい。




その後も10件ほどの問い合わせをしたが、高額な部屋しか残ってはいなかった。




部屋探しと並行して航空機と特急列車の手配も進めた。


インターネットとは便利なもので、夜中でも自分の部屋でチケットが買える。


通路側の座席で後ろに席がない場所をとれた。


後ろに気兼ねなくシートを倒せる所とすぐにトイレに立てる所。


自分の中での、座席選びの基本




一方の部屋探しは頓挫したまま、時間だけが過ぎて行った。






そんな中、地方のイベントに行った帰りの高速道路。



1本の国際電話が鳴った。





『いつ来る?』


『部屋は決まったの?』


『部屋が空いているから家に来なよ!』




あぁ!何というタイミング。


それはホノルルの友達からの救いの手だった。



彼が日本でステイした時に色々と協力した事が今、帰って来た。


変な意味ではなく、何気ない親切は身を助けるものだなぁ。


10月下旬の夜、高速道路わきでふと熱いものがこみ上げた。



DSC07440.JPG



かくして、ホノルルまでの道は繋がっていった。



パスポートと少しのお金、そして友達の住所を記したメモを持って。



ハワイ ブログランキングへ

--------------------つづく--------------------






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る