So-net無料ブログ作成
検索選択

富士登山競走・・山頂コース3年目 [RUN]

-------------------------------------------------------

富士登山競走を走破するのに3年かかったへタレオヤジの記録、第3回です。

この先、挑戦しようと思っている人や時間切れで悔し涙をのんだ人の参考になればと思います。

------------------------------------------------------

三度目の正直!負けっぱなしじゃ終われない。

2013年、富士山が世界遺産に登録されてしまった・・

喜ばしい事ではあるが、登山客が押し寄せて混雑するのでは?

と、ランナー側の勝手な言い分が頭をよぎった。

---------------------------------------

いつものように車中泊。朝食にトイレ歯磨き。

サクサクと準備を進める。もう慣れた手際良さ。笑

隣の車の人が米を研ぎ炊飯を始めた。

「これからですか?」 思わず聞いた。

「うん、5合目コースだから」

富士山は初めてというその人は完走できたのだろうか?

------------------ スタートから馬返し ----------------------

なんとなく緊張していたのか、スタート前の写真を撮り忘れた!

13DSC00004.jpg


そしてスタート!恒例の掛け声、この年はタニマリさん!

エイエィ・・・がんばるゾー!????

あれれ・・・タニマリ!そこはエイエイオー!でお願いしたかった。

拍子抜けでスタートした3回目の挑戦!


今回の作戦はこうだ!

とにかく馬返しまでは走り続ける。通過タイムは1時間以内を目標に!

給水は必ずとる。

前回の失敗から身軽にするため、空のペットボトルにスポーツドリンク粉末を入れて背負って登る。


結果、1時間07分42秒

かなり焦った!

----------------- 五合目まで -------------------

5合目までの目標タイムは2時間以内。

山道は坦々と早歩き、坂が緩やかな所は必ず走る。

人の後は付いて行かないで、険しい道でも空いていればそこを進む。


その結果5合目通過タイムは、2時間09分47秒


なんとなく取り戻した感があった・・が、ここで安心しない事。

5合目の給水で、ペットボトルに半分だけ水を入れてもらう。

軽くするため、満タンにせず給水所ごとでこれを繰り返す。

給食も忘れずに!

--------------- 8合目まで ------------------

森を出て感じたのは、今年は風が強いという事。

ここから先は砂礫と岩場と階段が続く。

ゆるい所は走り、階段は膝や太ももに手を付いて登る。

岩場では、足場となる所は混むので大きな岩に四つん這いでしがみつき登る。

岩場は絶好の挽回ポイント!人の後ろを付いて行っては遅れる。

野生児になって、手足を使って前へ前へ進み遅れを取り戻す!

とにかく、隙間が出来れば前へ前へと進まなければ負けだ!


ろころが!

7合目を通過したあと、岩場で膝を強打してしまった。

一気に力が抜けたが、かばいながら行っても疲れるのは同じ。

なので、痛みは無視することにした。


順調に進んでいると思ったが、7合目を過ぎて上から聞えた声に耳を疑った、

「関門~、あと15分だよ~」

まだ下の8合目にも着かないのにあと15分って。。。。。


完全に間に合わない!

今年もダメなのか!

こんなに準備してきてもまだ足りないのか!

力尽きそうになり、焦点が定まらない。

フラフラよろめきだしたのが分かった。

容赦なく強い風が吹き付ける。

それでも何とか下の8合目までたどり着いた。



??そこに関門があった・・・!



ここで、ちょっとしたミスをしていた。

7合目だと思った所が、実は下の8合目だった。

無意識に下の8合目を通過していたのだ。



8合目関門通過時間、3時間48分24秒


あと残り40分ある!ここで元気を取り戻した!

目指すは頂上!


---------------- 頂上へ -------------------

この先つまづかなければ、初の時間内完走だ!

逸る気持ちを抑えつつ、追い越しをかけて進んだ。

攻めて行かなきゃ挑戦じゃない!

そう言い聞かせて。

そして、最後の鳥居と狛犬が見えた!

ここからは歩いても間に合うが、もちろんそんな事はしない。


勢いよくフィニッシュした!


ゴールタイム、4時間23分06秒


時間内完走!

いままで走ったどのレースよりも、充実感がある瞬間だった。

13DSC000uuuu08.jpg



----------------- 山頂での光景 ---------------------

フィニッシュ後、記念撮影をして皆に登頂メールを送った。

そして、次々に登って来るランナーを応援をした。

走れ~!走れ~!

気が付けば声を張り上げて叫んでいた。

その時の声は、誰かがYouTubeにアップしたゴールシーンの中に偶然入っていた。



そして制限時間の時。

ギリギリでアウトとなった女性がいた。

4時間30分02秒

これがレースなのだ。





マラソン・ジョギング ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

富士登山競走・・山頂コース2年目 [RUN]

-------------------------------------------------------

富士登山競走を走破するのに3年かかったへタレオヤジの記録、第2回です。

この先、挑戦しようと思っている人や時間切れで悔し涙をのんだ人の参考になればと思います。

------------------------------------------------------



前回の敗北感を噛みしめながら過ごした1年。

2012年!やっとリベンジの舞台、富士山に帰って来た。

ここまでの半年間、寝不足が続き少々不安ではあった。

---------- 朝 --------------

再び車中泊で朝を迎え、朝食のおにぎりとあんぱん。

湘南国際マラソンを走った時に沿道からあんぱんをもらった事がきっかけで、

マラソンにはあんぱんが合う!と勝手に思うようになった。

トイレと歯磨きを済ませスタート会場へ。

----------- スタートから馬返し -------------

エイエイ、オー!!

12DSC09743.jpg


そして2度目の山頂コースはスタートした。

スタートしてすぐ、ある後悔に気付く。

給水用にとスポーツドリンク500mlのペットボトルを襷掛けに背負っていた。

去年は気にならなかったが、今年はやけに重い。

それが気になって思うようにぺースが定まらない。

そこで中身を捨ててしまえば良かったのかもしれない。

だが、山に物は捨てられない!と、飲みながら走った。

結果として、馬返しまで何回か歩いてしまった。

1時間08分25秒

去年よりも2分遅い!

-------------- 5合目まで -------------------

少し焦りながらも5合目を目指した。

そこで、腰から後頭部位まである本格的な登山リュックを背負ったランナーに追い越された。

去年も8合目付近で追い越されて、ついて行けなかった。

あの人に引っ張ってもらおう・・・そうして森の中で登山リュックを追い続けた。


が!5合目関門の手前で渋滞となり暫く休憩・・・・泣きそう!

初参戦のランナーが聴いて来た。「このペースで間に合うんですかね~」と。

「上まで歩かなければ間に合うよ」それは自分自身に言い聞かせる言葉でもあった。

その後、5合目関門を通過したのは2時間15分34秒

自分の中ではかなりギリギリなタイムだった。

--------------- 8合目まで -----------------

とにかく8合目関門までがむしゃらに登った。

途中で視界が黄色に見えるようになったが体調の変化は感じられなかった。

そしてまたもやあの声がした。

「あと1分~~!!」

見上げると、関門までまだ距離がある。

1分であそこまでは無理・・・・今年は8合目敗退なのか・・・

悔しさがこみ上げて来て、走り始めていた!

ちくしょー!ちくしょー!

何度も怒鳴りながら。でも、かすれていて声にならない。



8合目関門通過タイム、3時間59分11秒・・・・・・・!


締め切りまであと49秒のところで通過。

首の皮1枚とはこの事か・・・

----------------- 山頂まで ---------------------

さっきまでは泣きそうだったのに関門通過で、今度はおかしくも無いのに笑いが止まらなかった。

相変わらず世の中は黄色に染まっていたが、だんだんとオレンジ色に見えて来た。

いま思い起こせば、ふらふらと階段を登って行く自分を俯瞰視していた様に思う。

122012d.jpg


何とも不思議な体験だった。

頂上からの声援を聞きながら、ひとつめの鳥居をくぐった。



くぐった・・・・


しばらくして、声援は拍手に変わった様に聞えた。

時計を見ると4時間30分


終わったのだ・・今年も間に合わなかった・・・・


頂上に着いた時間は、4時間31分48秒

12DSC09746.jpg


約2分遅い・・・!そうか、馬返しまでの遅れか。

頂上では集合写真を~~~と呼びかけがあり嬉しくないけどバンザイしてみた。

その写真がなんと!オフィシャルHPのトップ画像になった。

12top.jpg

             (富士登山競走ホームページより)

嬉しくなくても笑ってバンザイしている無様な姿が晒されてしまった。

---------------------------

富士山の偉大さと、ちっぽけな自分を感じながら下山した。

勝つまでやめないからな!と誓いながらね。


3年目へつづく・・・


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


------------- おまけ --------------

富士山火口の図

12DSC09747.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

富士登山競走・・山頂コース1年目 [RUN]

-------------------------------------------------------

富士登山競走を走破するのに3年かかったへタレオヤジの記録です。

この先、挑戦しようと思っている人や時間切れで悔し涙をのんだ人の参考になればと思います。

------------------------------------------------------

2011年、初の山頂コース

車中泊でぐっすり7時間睡眠。朝飯は前夜握って来たおにぎり3個と暖かいお茶。

富士山を見ながら体を動かし通便を促す。(ここ大事^_^;)

駐車場からスタート会場までの送迎バスに乗り込むと、山頂で完走の歓びを味わう自分を想像していた。

このコンディションなら完走出来るんじゃない?なんて、後で思うと完全になめていたな。

前年に5合目走破と、週末は高尾山から陣馬山の往復でトレーニングしただけの無謀な自信があるだけだった。

--------------------

エイエイ、オー!!

DSC08721.JPG


いざスタートをきると最初の数百メートルは平坦だが、交差点を左折するとそこからは登りが続く。

順調に森の中を進む進む!そして最初の関門、馬返し!1時間06分06秒

そこからは山道が始まる。すると、とたんに周囲のランナーは歩き出す。

少し戸惑いながらも走ったり歩いたりを繰り返し、やがて5合目の関門へ。

11DSC08722.jpg


ここまでで2時間11分34秒、残り約6kmで2時間18分位残っている!楽勝か・・・

そんな事を思いながら、給水をしたが5合目のバナナを摂り忘れた。

ここがいけなかった。

------------------------

56.jpg


その先は日差しを遮る木々は無い。

脚は砂礫で思うように上がらない。

6合目?の給水ですでに息が上がっていた。

ここでもらったチョコで少し復活して、その先の階段地獄へと進む。

普段の山練習で階段を避けて、まき道ばかりを走っていた自分を恨んだ。

そうか!下りは無い、登りだけなんだな。

ここで初めて「日本一くだらないレース」の意味を知る。

--------------------------

8合目の関門に間に合うだろうか?

最初の8合目に着いた時に、ふとそう感じた。

8合目は2つ有り最後の8合目に関門がある。

とにかく諦める訳にはいかない。

ただただ階段と岩場を登った。

「あと3分~!」と、声が聞えた。

8合目の関門からの声だった。

見上げると本8合目が見えた!

「間に合った!」思わずダッシュしていた。

今思い出しても、6合目からここまでの記憶が全く無い。

それだけ登る事だけに集中していたのだろうか?

--------------------------

本8合目を過ぎると、もう雲は足の下。

初めて自力で雲を突き抜けた!と、ちょっと感動。

そこであまりの空腹のためバナナを買った。

1本150円位だったと思う。 あぁ、5合目でバナナ食べ忘れた事を後悔!

そして頂上へ・・・

更に岩場と階段地獄は続き9合目へ。

頂上はすぐそこに見えて応援の人達も見えるのに中々進まない。

ジグザグの登山道だから距離感がつかめない。

頂上へ続く登山道、そこを登る人の列を見て「蜘蛛の糸だな~」と感じた。

1本の蜘蛛の糸に罪人が群がって登る、あの芥川龍之介の。


そして無情にもその時はやって来た。

それまで怒号のような頂上からの応援が消えた・・・・・!


終わったんだ・・・


腕時計を見ると制限時間の4時間30分をまわっていた。

何とも言えない敗北感に襲われながらも体は動いていた。

そして人生初の富士山登頂は4時間38分09秒

頂上では悔しくて悔しくて泣きそうだった。

マラソン人生初の未完走。時間切れ。記録は5合目まで。

隣では17秒遅れだったと話す青年がいた。

そうか、自分はまだまだ甘いな・・と思い直しリベンジを誓って下山した。

このレースによって、かなりの経験を蓄積できた事は今でも財産です。

mttop.jpg


-----2年目へつづく-----



マラソン・ジョギング ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る