So-net無料ブログ作成
検索選択

第39回 府中多摩川マラソン ハーフ [RUN]

今年のラストレースである。
DSC01763.jpg

自転車で行ける距離なので朝に仕事をしてから行っても余裕なのがうれしい。
会場に着くとすでに10kmの部はスタートしていたので、体育館は空いていた。
早速ナンバーカードを受け取り、装着!
DSC01761.jpg

集合時間まではトイレへ2回行き爆撃したので、スッキリ!(大汗

スタート後すぐに道幅が狭くなるので、早めに並ぶも風が冷たくて人混みの中でスタートを待った。
そして今年最後の号砲!
スタートから良いポジションをキープ出来て、ストレス無しに走り始めた。

最初の折り返しを過ぎ5kmくらいまでは前へ前へとガッついて進んだ。
是政橋に差し掛かると後続の女子トップ選手に抜かれた。
とてもじゃないがあのスピードで付いて行ったら100mも走れないだろうな。

そうこうするうちにメイン会場から関戸橋の区間へ・・・
この区間が一番キライなのだ。単調な景色で中々関戸橋までたどり着かない印象だからだ。
ひたすら橋で給水、橋で給水、と考えながら走った。

関戸橋から京王線の鉄橋間は短い。
そこから四谷橋も1kmくらいで、途中に自転車乗りで有名な「クルクル回せ!!」がある。
beb567191f1638a574cf872f3dfa82f6.jpg


橋を越え五本松から石田橋、その先の温泉施設前で折り返し。
ちなみに、石田橋を渡ると土方歳三の生家がある。関係無いけど^_^;

折り返しの手前で自分の年代が何人すれ違うか、オレンジゼッケンを数えたが・・・12人くらいまで数えて止めた。
明らかに自分のペースが落ちたと感じたからである。
走りに集中しなければ!と奮起。

折り返してからはひたすら前を走るオレンジゼッケンを追いかけ抜かすの繰り返し。
そして、苦手な関戸橋~メイン会場。
しばらく後ろにいたいたオレンジゼッケンが並走し始めた!
いやいや、ここで道を譲ってはなるものかと再び奮起!
ラスト1kmでヤツはスパートをかけた!
ここで離されたら負ける!と思い、自分も焦ってスパート!

しかし、その差は離れて行き・・・フィニッシュ!

1時間34分50秒

完走

年代別、24位/240人くらい中
rzt.jpg

去年より2分も遅い・・・何とも

最後にブッチぎられた人とは12秒差

レースを振り返り、スタミナ不足は否めない。
次回までにはスタミナ不足の解消をして行きたいと課題を残して、今年のレースを〆るのだ。
finish1.jpg



マラソン・ジョギング ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

富士マラソンフェスタ 2016 [RUN]

雨である・・・
早朝4時50分、中央道を須走に向けて走り出した。
本降りではあるが9時過ぎには弱雨予報を信じて走った。

富士スピードウェイに着くと6時20分、
DSC01715.jpg

スタートは11時なので4時間は寝ようと寝袋へ潜り込んだ。

途中何度か車のルーフを叩く雨の音で目が覚めた。
9時半に起きてお弁当のおにぎりを頬張る。
その間、11時までには上がるだろうと思った雨は止まなかった。

自然と付き合うのもマラソン。と、誰かが書いていた。

ついに小雨の中をスタート!
DSC01725.jpg

こんな雨のレースだから記録をねらう人の何%かはファンランに切り替えるんじゃないか?
頑張れば上位に食い込めるんじゃないだろうか、土曜日だから来られない人もいるだろう、明日のつくばを走る人はいない・・との甘い考えで初めから突っ込んで行った。

1周目、ちょっと飛ばし過ぎかな?とも感じたが、体は元気。
2周、3周と進むと雨は本降り。
全身水浸しでシューズが重い、参加賞のロンTの袖が重い、パンツまで濡れ雨水が脚に流れて行くのがわかる。
さすがに登りは足が止まりそうになる。
ここで頭に浮かぶのは「耐えろ~!!」と叫ぶ心の声。
加えて、おにぎりを食べ過ぎたせいか胸やけも・・・まあ、ガス欠より胸やけと言う。
気温が暖かく感じたのがせめてもの救い。

ラスト1周は順位の事だけしか頭に浮かばない。
年代別で記録が狙えるんじゃないかと焦る気持ちだけで動いていた。
周りを走る同じ年代くらいの人と抜きつ抜かれつしながらピットロードへ。
最後まで食らい付いてきた人とラスト100m位で競り勝った!

1時間37分38秒(ネット)

完走。
DSC01756.jpg

終わってみれば平凡なタイム
部門順位、12位/≒190人
おしい!あと3人抜いていれば1桁台だったのに。
ハーフ総合、61位(暫定)/≒600人

いくらライバルが少なくても、部門入賞するにはどうしても1時間20分台でフィニッシュしないと無理だと感じたのだ。

レース後の豚汁、今日は格別に美味い!と感じた。
DSC01726.jpg


そして・・恋人を待つ、雨傘の女性・・何か絵になる
DSC01732.jpg


帰りに場内を見学。
自分が10代の頃に通ったピットなんて駐輪場レベルだったのに、いまやシャッター付きの立派な施設。
lark1 002.jpg

lark 001.jpg


DSC01731.jpg


ヘアピンカーブだって綺麗に整備されている。
hear 001.jpg

DSC01737.jpg


一般駐車場なんて草っ原だったもんな。

いまだに持っている30数年前に買ったキーホルダー。
DSC01714.JPG


時の流れを感じつつ、富士吉田のいつもの温泉で温まった。
DSC01752.jpg

かなりガスって来て車3台先が見えなかった。。


しかし・・これだけ雨に濡れたレースは初めてかもしれないが、なにか清々しさを感じた。
また来年。



マラソン・ジョギング ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る