So-net無料ブログ作成

立川シティハーフマラソン 2017 [RUN]

3月初めのレースは毎年恒例の立川シティハーフマラソン。
自転車で行ける距離なので楽なのだが・・昭和記念公園に入場してから会場までが長い。
なおかつ、会場からスタートラインまでも時間がかかるので朝早くに出るのだ。
2017 (1).JPG


この大会は日本学生ハーフマラソン選手権
ユニバーシアード競技大会日本代表選考会も兼ねているのでトップ選手の走りを間近で観られるのだ。

スタートは自衛隊の滑走路。
他のマラソン大会に比べかなり横幅がある。
なので混雑も無くノーストレスでスタートできるのだ。
滑走路2周で大体5km、公道に出る頃には大体バラけているので記録を狙うランナーも多いと思う。
そのせいか仮装するランナーなどいない、皆さんガチなのか仮装禁止なのかな。

そんな訳でスタートした・・・・
皆さんハイペースでスタートするもんだから自分もつられてしまった。
天気も良かったせいか、滑走路を出る頃にはちょっと後悔。
いつも寒いのでと、ロングスリーブも失敗。
とりあえず給水給水。

自衛隊の門から公道に出るとすでに1回目の折り返ししたトップランナーが走り去った後・・・
残念、トップの選手を見損なった。

順調に西立川駅手前を折り返す。ユーミンの歌「雨のステイション」の舞台だ。

再び自衛隊の門前を通過して直進。
10kmを過ぎて左折。
公園北の公道を走り折り返し北門から入園。

公園内に入るとちょっとしたアップダウンが続く。
このアップダウンで折れてしまうランナーは練習不足なのだろう。
傍らには昔、ランドリーゲイトの煙突があったのだが、整地されてその面影も無い。
これまたユーミンの歌「 LAUNDRY-GATEの想い出」の舞台。

で、15kmを通過・・ここでアクシデント発生!

口の中に何か固形物が飛び込んだ??
ゴロゴロと舌で転がすとかなり歪な形。
手に取るとそれは歯の詰め物・・!

マジかっ!
2017 (3).JPG

口の中で転がしながら走るか、
手に持って・・・それは無い、
ふと、普段使わない腰のポケットを思い出しそこへ入れた。
ジッパーが中々閉まらずにここでタイムロス。

何だかもうここで気力が途切れてしまったのかな?とレース後に思う。

何とか完走したがゴール手前1km位から抜かれるばかりの状態で、フィニッシュ寸前のダッシュでも2人に抜かれた。

1時間37分59秒 完走

記録を期待したわりには平凡なタイムで終わった。
2017DSC01948B.jpg


着替えて立ち上がろうとした時に右脹脛が思いっきり攣ってしまい10分ほど立てない状態。
故障した膝を庇った事が原因かな?
前日に整形外科で膝の診察をしたが、特に問題はないので様子見てって言われたのだが・・・
しばらくステージ裏で悶絶。
メインステージでは歌手?の有希さんのライブリハをやっていた。
三線も弾いていたので観たかったけど・・それどころではなかったのだ。
野毛でライブするとか言ってたけど・・


まあとにかく、記録を狙うには練習不足と実感している。



マラソン・ジョギング ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第51回 青梅マラソン 30km [RUN]

第43回以来、久しぶりの青梅である。
今回は前日受付でナンバーカードを受け取った。
Qちゃん、高橋尚子さんのトーク終了間際に着きしばらくブースをみてまわる。
スポンサーのPUMAミニがあった。
DSC01921a.jpg

帰りに中古楽器を見ていたら・・荷物が増えた!
クラシックギター用のハードケースが540円
サイズを測ったらドンピシャ!即買いしてしまった^_^;

そしてレース当日、雲ひとつない晴れである。
DSC01924a.jpg


フィニッシュライン
DSC01925a.jpg

さて何時間で帰って来れるやら。
1月に自転車でこけて膝を強打してから調子が悪い。
この前のハーフでも走れたのだから、まあ完走は出来るだろう・・・と楽観視。

そうこうしているうちに17番グリッドへ並ぶ。^_^
Qちゃん達の挨拶を聞き、いよいよスタート!
ん?いつ号砲鳴ったの?と言う位にレースは始まった。


沿道のガードレールや電柱には布団が巻き付けられている。
衝突時の緩衝のためなのだが、スタッフには感謝だね。

最初の2km位は混んでいて自分のペースで走れず、ちょいストレス。
しかし数年前よりは坂が苦しくないのは、登山競走を走っているおかげだろう。
その後順調に走るも、トイレへ行きたくなった。
と思ったら、すぐ先に仮設トイレが現れる。
何と言うグッドタイミング!

身軽になってやっと10kmを通過。
すると折り返し選手が来た。
箱根の山の神、神野大地選手と黒人選手。
なんと!山の神に10kmも離されているのか。

あぁ、給水がおいしい!
そう、ちょっと水分不足だなと気付く。
晴天で思ったより汗をかいたようだ。

そんなこんなで折り返し。
DSC01926a.jpg


良い感じで下りになっている、ここで登りの貯金を作ろう。
さっき見た看板「下りを制する者は青梅を制す」を思い出す。
自分の中にも「下りで追い越されたヤツには追いつけない」という自論がある。

そして20km地点通過

あと10kmか~!と顔を上げるとそこにはQちゃんが待っていた!
恒例のハイタッチをして元気が出た。

ここから急激にガス欠状態に陥る。
とにかくバナナ、パン、饅頭、オナカを満たす物なら片っ端から食い逃げ。ただし梅を除く^_^;
膝にも違和感が出て来る。
そして市街地へ戻って来た。

あと2kmなのにスパートがかけられない。
手を振ろうが何しようがまったくスピードが出ない。
負傷している膝が限界のようで、脚の力が抜けてカクンと落ちてしまう。
何とかドブ板状態で最後のカーブを曲がる。
ちょうど周りのランナーが切れたところだったので、自分に注目が集まる。
精一杯の虚勢を張り曲がった。

ラスト数十メートル、気持ちはダッシュ!そしてフィニッシュ!

2時間36分・・位で完走。
DSC01927.jpg



速報が出ていたが・・・
DSC01928a.jpg

QRコードなんだね~。
自分のガラケーのレンズは傷だらけで読み込めないのだ。

まあよい、完走メダルとおにぎりをもらったのだが・・・梅ぼし
あぁ、梅干し苦手な自分が悲しい。

数年前はリボンのフィニッシャーストラップだったのに、メダルになっていた。
DSC01938.JPG


続々帰って来るランナーを迎えるQちゃんが、ゴール前のランナーにハイタッチをしていた。
沿道の皆さんはQちゃんを見ていたが、自分は入って来るランナーの表情を見ていた。
苦痛にゆがむ顔の女性ランナーがQちゃんを見つけるとパァ~っと笑顔になり駆け寄るのが印象的だった。
それはどんな人でも同じ。
いるだけで人を笑顔に出来る人って凄いね。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第36回 フロストバイトロードレース 2017 [RUN]

2017年、初戦。横田基地のフロストバイトロードレース、ハーフ。
前日にチャリでジャックナイフをきめてしまい右膝強打の参戦となってしまった。

11時スタートなので余裕を持って渡米・・というか会場入り。
DSC01859a.jpg

ナンバーカードとスェットシャツを受け取りスタートライン脇の芝生へ。
DSC01865.JPG

先着してた先輩達と合流。
Da.jpg


お天気は良いが風が冷たくて吐く息が白い!
スタート直前までウインドブレーカーが手放せなかった。

そしてスタート!
相変わらずの混雑スタートで、号砲から5分半でスタートライン通過。

前半は基地の施設内を周り滑走路脇へ。
ここでトイレ休憩・・・10人位並んでいた。

膝の痛みはそれほどでも無く、順調に滑走路をぐるりと廻る。
住宅地に入り英語の声援が飛ぶ中、折り返しのオレンジがいつもの楽しみ。

折り返してからは3先輩達を探すも一人しか確認できず。
滑走路を廻りきった辺り、ラスト4kmでスパートをかけた。
普段ならもうちょい走ってからスパートなのだが、今日は序盤抑えていたせいか楽にスパートをかけられた。

最後まで落ちる事無くフィニッシュ!
この4kmで200人位は抜かしたんではないだろうか・・・笑

結果、1時間42分26秒(ネットタイム)
DSC01860b.jpg

故障していたにしてはまあまあかな~
DSC01866.JPG


今年もガンガン走って行くのだ!


マラソン・ジョギング ブログランキングへ



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第39回 府中多摩川マラソン ハーフ [RUN]

今年のラストレースである。
DSC01763.jpg

自転車で行ける距離なので朝に仕事をしてから行っても余裕なのがうれしい。
会場に着くとすでに10kmの部はスタートしていたので、体育館は空いていた。
早速ナンバーカードを受け取り、装着!
DSC01761.jpg

集合時間まではトイレへ2回行き爆撃したので、スッキリ!(大汗

スタート後すぐに道幅が狭くなるので、早めに並ぶも風が冷たくて人混みの中でスタートを待った。
そして今年最後の号砲!
スタートから良いポジションをキープ出来て、ストレス無しに走り始めた。

最初の折り返しを過ぎ5kmくらいまでは前へ前へとガッついて進んだ。
是政橋に差し掛かると後続の女子トップ選手に抜かれた。
とてもじゃないがあのスピードで付いて行ったら100mも走れないだろうな。

そうこうするうちにメイン会場から関戸橋の区間へ・・・
この区間が一番キライなのだ。単調な景色で中々関戸橋までたどり着かない印象だからだ。
ひたすら橋で給水、橋で給水、と考えながら走った。

関戸橋から京王線の鉄橋間は短い。
そこから四谷橋も1kmくらいで、途中に自転車乗りで有名な「クルクル回せ!!」がある。
beb567191f1638a574cf872f3dfa82f6.jpg


橋を越え五本松から石田橋、その先の温泉施設前で折り返し。
ちなみに、石田橋を渡ると土方歳三の生家がある。関係無いけど^_^;

折り返しの手前で自分の年代が何人すれ違うか、オレンジゼッケンを数えたが・・・12人くらいまで数えて止めた。
明らかに自分のペースが落ちたと感じたからである。
走りに集中しなければ!と奮起。

折り返してからはひたすら前を走るオレンジゼッケンを追いかけ抜かすの繰り返し。
そして、苦手な関戸橋~メイン会場。
しばらく後ろにいたいたオレンジゼッケンが並走し始めた!
いやいや、ここで道を譲ってはなるものかと再び奮起!
ラスト1kmでヤツはスパートをかけた!
ここで離されたら負ける!と思い、自分も焦ってスパート!

しかし、その差は離れて行き・・・フィニッシュ!

1時間34分50秒

完走

年代別、24位/240人くらい中
rzt.jpg

去年より2分も遅い・・・何とも

最後にブッチぎられた人とは12秒差

レースを振り返り、スタミナ不足は否めない。
次回までにはスタミナ不足の解消をして行きたいと課題を残して、今年のレースを〆るのだ。
finish1.jpg



マラソン・ジョギング ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

富士マラソンフェスタ 2016 [RUN]

雨である・・・
早朝4時50分、中央道を須走に向けて走り出した。
本降りではあるが9時過ぎには弱雨予報を信じて走った。

富士スピードウェイに着くと6時20分、
DSC01715.jpg

スタートは11時なので4時間は寝ようと寝袋へ潜り込んだ。

途中何度か車のルーフを叩く雨の音で目が覚めた。
9時半に起きてお弁当のおにぎりを頬張る。
その間、11時までには上がるだろうと思った雨は止まなかった。

自然と付き合うのもマラソン。と、誰かが書いていた。

ついに小雨の中をスタート!
DSC01725.jpg

こんな雨のレースだから記録をねらう人の何%かはファンランに切り替えるんじゃないか?
頑張れば上位に食い込めるんじゃないだろうか、土曜日だから来られない人もいるだろう、明日のつくばを走る人はいない・・との甘い考えで初めから突っ込んで行った。

1周目、ちょっと飛ばし過ぎかな?とも感じたが、体は元気。
2周、3周と進むと雨は本降り。
全身水浸しでシューズが重い、参加賞のロンTの袖が重い、パンツまで濡れ雨水が脚に流れて行くのがわかる。
さすがに登りは足が止まりそうになる。
ここで頭に浮かぶのは「耐えろ~!!」と叫ぶ心の声。
加えて、おにぎりを食べ過ぎたせいか胸やけも・・・まあ、ガス欠より胸やけと言う。
気温が暖かく感じたのがせめてもの救い。

ラスト1周は順位の事だけしか頭に浮かばない。
年代別で記録が狙えるんじゃないかと焦る気持ちだけで動いていた。
周りを走る同じ年代くらいの人と抜きつ抜かれつしながらピットロードへ。
最後まで食らい付いてきた人とラスト100m位で競り勝った!

1時間37分38秒(ネット)

完走。
DSC01756.jpg

終わってみれば平凡なタイム
部門順位、12位/≒190人
おしい!あと3人抜いていれば1桁台だったのに。
ハーフ総合、61位(暫定)/≒600人

いくらライバルが少なくても、部門入賞するにはどうしても1時間20分台でフィニッシュしないと無理だと感じたのだ。

レース後の豚汁、今日は格別に美味い!と感じた。
DSC01726.jpg


そして・・恋人を待つ、雨傘の女性・・何か絵になる
DSC01732.jpg


帰りに場内を見学。
自分が10代の頃に通ったピットなんて駐輪場レベルだったのに、いまやシャッター付きの立派な施設。
lark1 002.jpg

lark 001.jpg


DSC01731.jpg


ヘアピンカーブだって綺麗に整備されている。
hear 001.jpg

DSC01737.jpg


一般駐車場なんて草っ原だったもんな。

いまだに持っている30数年前に買ったキーホルダー。
DSC01714.JPG


時の流れを感じつつ、富士吉田のいつもの温泉で温まった。
DSC01752.jpg

かなりガスって来て車3台先が見えなかった。。


しかし・・これだけ雨に濡れたレースは初めてかもしれないが、なにか清々しさを感じた。
また来年。



マラソン・ジョギング ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

第7回 富士・鳴沢紅葉ロードレース [RUN]

第7回 富士・鳴沢紅葉ロードレース
先週に引き続きハーフマラソン2連荘。
DSC01646.JPG

今回も山梨県。
鳴沢村を走って来た。
初参加でどんなコースなのか分からず、ただ坂道レースというだけの情報で参戦。

朝、駐車場が開いたばかりで入場出来たので会場のすぐわきに駐車出来てラッキー!
メイン会場は富士山を望む芝生の広場、まだ人影まばら。
DSC01636.jpg

しばらくすると朝日が昇って来た!
朝日と富士山
DSC01637a.jpg


レースは10時から。
スタート後、4kmちょっとを2周。
ここで連戦の疲れが溜まっているのを実感した。

2周終わって畑道へ
しばらく走ると、ガレージ屋根下にタテグロの放置車両を発見!
あぁ、欲しい人にはお宝だな・・等と思いつつ、自分の欲しい旧車を探しながら走った^_^;

その後、アップダウンを繰り返しながら畑と林の中を走る。
12kmの表示を見た時に
「あと9kmじゃん!もうそんなに走ったのか?」
と思う位な感覚だった。
序盤の2周回で9kmほど走った影響だろう。

予備知識では16km過ぎから2kmほど上り坂。
ここでは富士登山競走を思い出しつつ淡々と走る。
意外にもそれほどきつくなかった。

ラスト2km過ぎからの下り坂で、しばらくくっ付いて来ていたランナーをぶっちぎった!
ペースメーカーにされるのは好きではないのだ。スマン。

フィニッシュは芝生でこけそうになりながらも耐えた。

1時間39分14秒 完走。

もっと速いと思ったがギリギリ90分台。
疲労を感じた序盤が敗因だろう。
コースのアップダウンは先週のフルーツマラソンに比べたら楽なコースだろう。

レース後の蕎麦が美味い!
道の駅、鳴沢の鳴沢菜まぜご飯も美味い!
いつもの温泉で汗を流す。
ビールが飲みたい!が、運転なのでガマン。

旅ランはこういった時間も楽しみのひとつだ。

時間に余裕があったので、趣味の旧車探しでもしようとしたらこの看板・・!
aaDSC01645.jpg

完全によそ者の不審者にしか見えない自分。
一斉放送されないようにサラッと見渡して帰って来た。

中央道50分の距離を渋滞で2時間40分かかった。
遠征には電車に限る。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第7回 甲州フルーツマラソン [RUN]

甲州フルーツマラソン、ハーフを走って来た。

始発で出て、勝沼ぶどう郷駅まで2時間。
DSC01622a.jpg

中々の旅である。

第1回から参加・・と言いたいが、第5回目は出発直前に父が入院。
泣く泣くのDNS.

雨のレースもあったが今日は晴れ!
ココのコースは坂道のコースなので晴れると危険なのだ。
DSC01618a.jpg


スタートして暫くは渋滞でノロノロスタート。
フルーツラインへ入る手前あたりからペースを上げて行き最初の大きな坂道。
序盤なので慎重にクリアすると給水。
ここから登りが続く。
とにかくトンネルまで行けば楽になると淡々と走った。

トンネルは涼しくなだらかな下り。
ここで遅れを挽回しておかないと思い、周りのランナーをごぼう抜き。
トンネルを出ても暫くは下りが続く。
ペラペラのソールなので少々足裏に衝撃が来る。
いかんいかんと着地をソフトに。

大菩薩峠コースの分岐を過ぎて折り返し。

ここからドーンと下る。
と思えばなだらかに登りとカーブ。
先が見えない中での、自分との戦いがあるコースへ突入。

曲がったり下ったり登ったり・・・
何回も挫折しかかって立て直したり。
そして中央線のアンダーパス。
最後の急坂を下り、カーブしてすぐに急坂を登る。
ココは勢いをつけて下って登らないと折れる。
DSC01624a.jpg

登り切ると給水!
ココからは下りである。

甲州市を眺めながら走る・・・等といった余裕はなく、ただただゴールをイメージする。
ラスト3km位でやっとフラットになるコース。
ラストスパートである。

耐えろ~!

と自分に言い聞かせ走る走る。
後ろにくっ付いていたランナーの足音が消え、はるか前を走るランナー集団を追いかける。

追われる者より、追う者のほうが強いんじゃ~!

と、どこかで聞いた言葉を胸に、ジリジリと詰めて行った。

ゴール100m位手前で3人を抜きそのままフィニッシュ!

1時間36分23秒 完走。

年代別490人中、31位

何とも中途半端な結果だった。
DSC01620a.jpg


このレースは登り、下り、ブラインドカーブ、見通しがきくコースが詰まっている、自分を鍛えられるコースだと勝手に思っている。

もちろん来年も走るのだ。
DSC01619a.jpg




マラソン・ジョギング ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

夏の彩湖ハーフマラソン2016 [RUN]

彩の国さいたまにある彩湖のハーフマラソン
湖といっても貯水池である。
DSC01557a.jpg


DSC01549a.jpg

のどかな大会で走りやすかった。
朝はパラパラと雨降りだったが、会場に着くと雨も上がりベストなコンディション。
参加人数が100人ほどなのかな?のんびりした感じでスタートへ並ぶ。
少人数なのでスタート直後のもたつきも無く、自分のペースで走り始めた。
DSC01555a.jpg

晴れていたら気持ち良いんだろうなって湖を眺める・・・
やはり湖、大きな水溜りは独特なニオイを放っていたww
DSC01550a.jpg


4周回の1周目を終える所でトイレに・・・これが後々響いてくる。

2周目に入ってすぐ、少人数故にペースが合うランナーがいなくなり一人旅に。
追うよりも追われるよりもツライ、それが一人旅なのだ。
いつの間にかペースダウンやオーバーペースになっても暫く気が付かない。

3週目に入りやっとランナーに追いついた!と思ったら周回遅れのランナー。
そして4週目に入る手前でトップランナーに追い抜かれた!
今度は自分が周回遅れにされてしまったのだ。

ラスト1周はスパート!をかけるつもりが右内腿に電気がはしる。
結局、かばいながらのフィニッシュ。

ランナーチップは無く、時計も持たなかったのでスタッフに時間を聞く。
だいたい1時間40分くらいだった。
結果は後日郵送との事。

やはりトイレに行った隙に同じペースのランナーがいなくなってしまったのが敗因か?

まあ、たまにはこんなゆるいレースも良いな、と思う。

その後彩湖を散歩。
晴れたら気持ち良いんだろうな~走らなければ(^_^;)
DSC01553a.jpg


そして土手からの眺めも気持ち良い。
DSC01559a.jpg

晴れていれば富士山も見える・・らしい。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第69回 富士登山競走 山頂コース6年目 打ち切り [RUN]

個人的に、諸々のタブーを冒しての山頂コース6年目

数日前からの雨予報は見事に的中してしまった。

前日の夜9時半に鐘山グラウンド駐車場着。

早速に車中泊に準備完了。
DSC01520.JPG

段ボールの上に寝袋を敷き、座布団4枚を敷いて薄い羽布団。
もう慣れたものである。

立体マスクと耳栓をして就寝。
これは自分の中で旅の必需品なのだ。喉の保護と安眠の確保。
随時到着する車の音やドアの開け閉めが一晩中結構響くので、眠りが浅くなってしまう。
夜中のトイレのためにヘッドライトも。


朝4時に起きると、外はまだ雨・・・
おにぎりとアンパンを頬張り仕度。

シャトルバスは5時から。
ちょっと遅れて5時半ごろ乗りこむ。

会場に着くと先ずトイレに並んで爆撃!^m^

荷物預かりの場で忘れ物に気付く!

ナンバーを貼ったビニール袋を車に忘れてしまったのだ!
必ず何か一つは忘れ物をする悪い癖がここで出てしまった!
戻る時間は無いので大会本部でもらった。スミマセン


そしてスタートを待つなかで衝撃のアナウンスが・・・!
DSC01521.jpg


山頂の気温5℃、下山時の低体温症が心配のため五合目で打ち切り!!

あぁ・・・一年に一度の山頂が消えた。

それと同時に装備も身軽に。
ジェルはその場で飲み込んで、カメラと防寒用のビニール袋のみ。
五合目関門の目標タイムを2時間切りに設定。
はじめから終りまで突っ込んで行こうと気を取り直す。

そしてスタート!
周りのランナーもそのつもりか、かなりハイペース(^_^;)
付いて行くのがやっとだよ。

馬返しまでは何とか突っ込んでみたものの、1時間3分30秒
去年より1分しか速くない。
今年も1時間切れなかったか。

その先は山道。
とにかく走りやすい所は渋滞になるので石がゴロゴロ段差の激しい所をピョンピョン進む!
平らな部分は必ず走る。

ここを走るか走らないかで2時間の壁は大きく違うんだろうな・・なんて思いながら進んだ。

佐藤小屋からの歓声が聞こえて来ると力も湧いてきて周りのランナーも我先にと殺気立ってペースが上がった。笑

そしてフィニッシュ!
DSC01523.jpg


1時間58分52秒 完走

笑顔が消化不良

去年より3分しか速くないけど、まあギリギリ2時間切れたから良いか、と。

本当ならこの先も・・・と見上げて今年の富士は終わったのだ。
DSC01524.jpg


臨時駐車場に戻っても、最後まで富士山は姿を見せなかった。
DSC01525.jpg


そしてこのシューズも今日で引退。
DSC01526.JPG

アシックス ソーティマジックエキデン

このシューズでハーフ自己ベスト3回更新、富士登山競走1回完走。

お疲れ様。そして、ありがとう!
DSC01528.JPG



マラソン・ジョギング ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第36回スポニチ山中湖ロードレース [RUN]

山中湖ロードレースのハーフである。
DSC01376a.jpg


スタート前、朝は涼しかったがすぐに気温は上がり始め汗が出て来る陽気。

DSC01375.jpg

駐車場からの富士山!

ナンバーカードをもらったらアメ横並みな出店が、ウエアどれでも1000円に人だかりが!
ランシャツ2枚買ってしまった(^_^;)
そのうちのasicsを着てレースに出場!

スタート前は瀬古さんの軽快な??トークを聞かされ(笑)いざスタート!

今回は記録よりも自身の走り方の見直しも兼ねてのレース。
普段は序盤から突っ込むタイプなのだが、今回は初め抑えて後半に伸びを持って来るという計画。

スタートすると、先月に同じ所を走ったチャレンジ富士五湖100kmの部を思い出す。
あの時の記憶を反芻しながらも走った。

どうしても前へ前へと焦りがちになったが10km超えるまでは突っ込まずにガマン。
そのせいか8km辺りで、15分遅れでスタートした1周の部のトップ選手に抜かれた。
去年は10km辺りで抜かれたのでかなり遅いペースなんだと気付く。

日差しが強くかなり暑いが、汗はさほど流れない。
標高が1000m位なので湿度が低いのだろう。

湖周を1周したところで折り返して来たハーフのトップランナーとすれ違う。
時計は1時間5分
あと8km、そこから突っ込んで行った。
登り坂も気付かないほど走れたのは前半の溜めだろうか?
暑さで感覚が麻痺していたんだろうか?

折り返し区間はあまり記憶が無く、フィニッシュ前の登り坂で最後のダッシュ。

最後は両手をあげてのフィニッシュ!\(^o^)/

1時間44分01秒 完走
DSC01377a.jpg


去年は1時間44分03秒・・・前回はガンガン突っ込みかなりヘトヘトだったが今回はまだまだ余裕だった。

ちょっと前半のんびりし過ぎたかな?と思いつつも、後半の伸びの良さを実感した。

レース後の抽選会では、ホノルルマラソン招待の当選番号が読み上げられた。
下1桁「1」にテンションマックス!
下2桁で・・・アウト。
DSC01381.JPG


まあそんなものでしょう。
DSC01379a.jpg

来年も走りたいレースのひとつだな~。

大会後は渋滞なのでちょっと湖畔と別荘地区を散歩。
DSC01383a.jpg


こんな坂道が何故か懐かしい。
DSC01384a.jpg


DSC01386a.jpg


雰囲気の良い木の柵
DSC01391a.jpg

ここは売り物件だった。
富士山は見えないし小さいのに結構お高い・・・・・

そして湖畔へ、
DSC01394a.jpg

DSC01395a.jpg

DSC01396a.jpg

DSC01397a.jpg


海とは違う湖のニオイ。。。まあ、大きな水溜りだもんね。

DSC01399a.jpg

スワンボートとスワン

DSC01402a.jpg

スワンレイクとスワン

中央道の渋滞が20kmとの事なので「仕方なく」・・・(^_^;) 温泉で一休み。
DSC01407.JPG

ここはビジネスホテルと温泉と居酒屋チェーン店が一緒になった所。
毎回温泉しか利用しないが、便利にしている・

さあ、次回は富士登山競走なのだ!


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る