So-net無料ブログ作成
検索選択

第31回 NAHAマラソン 反省会 [RUN]

マラソン会場から雨に打たれて宿へ戻り近所の温泉「りっかりっか湯」へ。
DSC00945a.jpg


ランナーがごった返す中、ジ~ンと沁み入る暖かさで激しい睡魔に襲われる。
宿へ戻るとそのまま爆睡してしまった。

数時間後、後輩から電話が入る。
彼は今年も28km辺りで回収された・・・
この悔しさ、空しさは何となくわかる。
富士登山競走で3回も時間オーバーになった、あの感じなのかもしれない。

終わった事は受け止めて反省会に繰り出そう!という事で三線ライブのお店へと向かう。
彼が欲しくてたまらない琉球ガラスの完走メダルを見せて!とのリクエストで、下げて行った。
彼は移住がしたいほど、沖縄と三線と古酒と琉球ガラスが好きなのだ。

眺めて触ってあーだこーだと語ってくれた・・・くれた・・・が、よ~く見ると・・・!

ん?
DSC01087.JPG


んん?

MADE IN V・・・

真実は伝えなかった・・否、伝えられないよな。

なんだかモヤモヤした宴は終わり、別れた後に沖縄そばを食べて帰った。



マラソン・ジョギング ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第31回 NAHAマラソン 2日目 [RUN]

大会当日、水の流れる音で目が覚める。
雨なのか・・・と思いつつ仕度をしてロビーへ行くとすでにランナーたちが準備をしていた。
キッチンの窓から外を見るとまだ降ってはいない・・・どうやらシャワーの音だったようだ。

他のランナーはタクシーで会場へ向かったが、徒歩で20分程度なので歩くでしょ!ここは。
アンパンを頬張り途中のコンビニでおにぎり2個を買って食べた。

会場に着くと元同僚の呑み仲間からメールが入り合流。
元はと言えばコイツにそそのかされた様なもの。
彼は3度挑戦して毎回関門に引っ掛かっていた。

広島人なのに沖縄の地元の人に島んちゅと間違われるほど濃いのだ。

ここでカメラを宿に忘れた事に気付く・・何たる失態。

彼はJレーン、自分はDレーン。いよいよスタートなのだ。
足元はターサージール4、コイツの初陣だ!
DSC00924.JPG


午前9時の号砲から2分ほどしてスタートラインを通過。
予報に反して暑い日差しが出て来た。
58号線から国際通りへ。
観光の一つとしてのマラソンといった感じで、自分がその一部になった何とも言えない高揚感に包まれた。

国際通りを抜けてゆいレール下を走る。
ここからやっと自分のペースで走れるように、ランナー密度が減っていった。

しばらくしたらマツダのディーラーを通過・・・以前同じ職場で仕事をした後輩がいたような気がしたが、確認する間もなく通り過ぎてしまった。
奥さんの地元沖縄で就職したと聞いていたので。

そしてここからが想定外の島風に遭遇した。
かなりの強風で中々前に進めず他のランナーの陰に隠れるように進む。

このロスが響き、10km通過タイムは、51分02秒・・自己平均6分以上も遅い。
しかしこの先も強風は続き平和祈念公園の中間地点、1時間46分05秒。
自己ベストより14分も遅い・・・

それでも3時間半切りの希望はまだあると信じつつ走った。

ハーフを過ぎると途端に空腹になってバナナとミカンを食べまくった。
そして沿道からのエアサロンパスの差し入れ!
これがかなり助けられる。
自分も東京マラソンの応援では35km付近で、余り物をかき集めて毎年提供している。

そんな感じで35kmを過ぎた。2時間57分23秒、
ここで壁があると言われるが、過去の経験から自分は何も感じない。
むしろ、あと7kmチョイじゃん!と元気になる。

しかし、40kmを過ぎるとあと2kmとの安心感からか、体が怠けた悲鳴を上げるのがお決まりのパターン。

今回はこの辺りで後ろに一人、自分をペースメーカーにしてついて来るランナーがいた。
さあ困った、苦手な状況になり振り払おうにもピッタリと離れない。

ここで自分のペースが乱れ失速。
奥武山競技場のトラックに入るともう下しか見えずにひたすら走った。

後ろからのランナーの足音と息づかいが迫ってきているのが良く聞こえたが、ここで抜かされる訳にはいかないとラストスパートでフィニッシュ!

3時間37分21秒、フルマラソン完走。総合503位

ネットタイムは、3時間35分39秒

残念ながら3時間半切りには到底及ばずの結果になってしまった。

完走証と琉球ガラスのメダルをかけてもらい地元の女子高生から給水を受けた。
DSC01086.JPG



しばらくして雨が降り出す。

冷たいかもしれない?雨に打たれながら宿へと引き上げる空しさ。


・・・つづく・・・


マラソン・ジョギング ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第31回 NAHAマラソン 1日目 [RUN]

とある飲み会の席での勢い・・・そう、すべてはノリと勢いで決めてしまった沖縄行き。

東京マラソン、大阪マラソン、京都マラソン、湘南国際マラソン・・すべてに外れたりPC環境でエントリー出来なかったのに、一番遠いNAHAマラソンに当たってしまったのだ。

と、ここまでは以前書いたブログのおさらい。

沖縄への出発前夜、天気予報は曇りのち雨。

またもや雨かとガッカリするも初の沖縄。
まあ、どんよりとした曇り空でもDont Worry !!♪という歌詞にもあるように、他に楽しみを見つけようと思った。

周囲には「ちょっと南の方に呑みに行って来ます。」と言い残してね。

出発は午前5時45分。
羽田からのフライトは8時25分・・
DSC00926a.jpg


那覇空港に着いたのはお昼前。
まずはゼッケンを受け取りにゆいレールで奥武山公園駅へ。
この時点でまだスウェットシャツにジャンパー姿。さすがに暑い。
ゼッケンを受け取り整列場所の確認。
DSC00928a.jpg


いよいよ走るのだなと実感して宿へと向かった。
忙しくて散髪出来なかったのでここで行っておくかと、調べてあった床屋へ向うも閉店していたのだった。
気を取り直しスーパーマーケットでお買い物、
DSC00934a.jpg


街中には雰囲気のある屋根も・・
DSC00936a.jpg


続いては国際通りでプラプラ・・・
DSC00940a.jpg


DSC00941a.jpg


明日、ここを走るんだ~
DSC00942a.jpg


イイ感じの公園
DSC00944a.jpg


脇道の食堂でゴーヤチャンプルも!


〆は温泉で明日にそなえてリラックス!10時には就寝した。

・・・つづく・・・


マラソン・ジョギング ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第38回 府中多摩川マラソン・ハーフ [RUN]

毎年出走しているハーフマラソン。
多摩川サイクリングロードを走る平坦なコース。
DSC00918.JPG


雨マークが曇りに変わってイイ感じの気温になった!

スタートから足が軽く動いていたのでグングン進んでいたら、あっという間に5km手前最初の折り返し。
ちょっと飛ばし過ぎかな?と思ったがまだまだ余裕だったのでそのまま進む。

給水をして再びスタート地点へ戻る手前、JR南武線の所で5分遅れスタートの女子1位に抜かれた。

そして上流へ・・・

ここいら辺りは練習場所なので、勝手知ったる何とやら。

関戸橋、四谷橋、五本松、石田橋を越えて温泉で2回目の折り返し。

ここまで自分の周りにランナーがおらず独走状態で前の集団を追いかける形だった。
置いて行かれる感満載で走っていたのだが、折り返してみれば自分の後ろにはドッとランナー集団がいて焦った。

今度は追いつかれる感が襲ってきて、もう逃げるのがやっと(^_^;)

そんな感じで関戸橋まで走った。
丁度関戸橋手前で女子2位ランナーに抜かれた。

やっと自分と同じ年代のランナーをとらえてロックオン!
これが中々追いつかなくて、1km位走ってやっと追い抜いた。

そしてラスト1km!
応援者から「今、6位!」との声がかかった???

オレじゃないよな~後ろのランナーだよな~??

なんて困惑しながら、それでも良いペースで来ているので10位以内には?!なんて欲を出して走ってしまった。

そしてフィニッシュ前で後ろから猛ダッシュする足音が聞こえる!

自分もフルに足を回して抜かされる事無くフィニッシュした!

完走。

1時間32分07秒

先々週に続き自己ベスト更新。

挑戦しないヤツにチャンスは無い!

そんな言葉が浮かんだ、今日のレースだった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第10回 世田谷246ハーフマラソン [RUN]

雨の中、ハーフマラソンを走って来た。

駒澤公園から二子玉川駅を周り第三京浜を超えてぐるりと廻るコース。

DSC00913.JPG



この辺りは昭和の時代(^_^;)2年ほど通ったが駅前は昔の面影もなく様変わりしていた。



-------------------------

スタート前から雨がパラパラ落ちていたが何の問題もなく走れるだろうと思っていた。
が、スタート時間が近づくにつれ雨足は強くなってきた。

そこで諦めた、シャワーラン決定だな!って。
なるべく早く走り終わって売店のとん汁を食べよう!と思いスタートした!

駒澤の公園を抜けて246へ、まさかこんな所を走るなんて通っていた頃は思いもしなかったなww

二子玉川駅を横目に多摩川っ縁を走る。
246号から同じペースで走る女性がここから徐々に遅れて行った。
引っ張ってもらおうと思っていたが残念。

再び、ペースが同じようでちょっと速い若者にくっついた。
折り返して多摩川河川敷を走り、二子玉川駅を通過。

ここで多摩堤通りへ。チラッと13kmの表示が見えた。

あぁ、もうそんなに走ったんだ。と思うほど調子は良かった。

ここから第三京浜までは昔の面影は皆無。
懐かしの自動車教習所も無くなっていた。
何だか寂しいな~。

しばらくして目黒通りへ入る。
ここの給水所を超えると急に苦しくなる。 坂なのだ。
しかし普段から坂道で練習していたおかげか周りがペースを落とす中、順調に走れた。

坂は住宅街まで続き、やがて駒澤公園へ帰って来た。

これはもしかして自己ベストが出せるかもしれないと思いがんばった!

そして陸上競技場へ。

前には数人のランナーがいたが中々追いつけない。

やっとひとりのランナーに追いつきそうな所でゼッケンが見えた・・・大島めぐみ・・?

ゲストランナーだ。

そして飛び込むようにフィニッシュ!

1時間37分28秒
ネットタイム1時間36分53秒・・・・自己ベスト更新

すべてはこの恵みの雨のおかげなのか?と、天のめぐみに感謝なのだ。

しかし、最後の最後で自分を引っ張ってくれた 大島めぐみ さんを知らない。

この日は、天のめぐみとけん引のめぐみに感謝感謝ww


冷たい雨の中、とん汁が身に沁みた初世田谷246だった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

サブ3への道(2) [RUN]

東京マラソンにハズレまくり、京都、大阪マラソンにもハズレ。
湘南国際マラソンはクリック合戦に負けてエントリーならず。
ここ数年はフルマラソンを走れないでいるので、自分が今どの位のレベルなのか見当もつかない。
そんな中、どうせ当らないだろうと応募したNAHAマラソン。
naha.png

(NAHAマラソン ホームページより)
http://www.naha-marathon.jp/

当選してしまった・・・・!
倍率も低いからなんだろうが、よりによって沖縄か。

そこで頭をよぎった事は、東京マラソン落選。
今回の抽選もハズレなんだろうな、と。

まあ良い、サブ3への手応えを掴んで来るとするか。

しかし沖縄、あとで考えると、宿や飛行機の出費もかさむ。
何だかモヤモヤした気分で、とりあえず宿探し。

会場周辺はすでに満室・・・・聞くところによるとみなさん、当落発表前に予約しているらしい。
発表後にのこのこ探しても無い訳だ。

それで、もビックリするほど高い料金のホテルはまだ余っている。
レンタカーを借りてお馴染の車中泊かな~なんて思い検索していたら、ゲストハウスにまだ空きがあった。
カプセルホテルの簡易版って感じでとにかく安い!・・耳栓必要かな~なんて不安も。

とりあえずキープ。

航空券も格安を探すも、朝早い便はウチから始発電車でも間に合わない。
最終便だと翌日のレースに障る、せめて昼までに着きたい。
そんな妥協点でチケットをゲット。

思えば2006年以来、9年ぶりの観光だ!その間、自宅から100km圏内を出た事が無い!
富士山まで90kmちょっとだもんな。

仕事とマラソンに明け暮れた9年間、慰安旅行と割り切り走って来よう。

初、沖縄

節約ケチケチのラン旅、第2段が始まってしまったのだ。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

サブ3への道(1) [RUN]

何だか大風呂敷を広げた様なタイトルになってしまった・・・(^_^;)

いつまで走れるか分からないが、サブ3が今の目標。
とは言っても、最近はハーフばかりで全然フルマラソンを走れていない。
クリック合戦に負けるか抽選もればかり。
最後に走ったのが3年前の湘南国際マラソン。
25km過ぎで脚が攣ってしまい3時間56分の惨敗。

ここで自分のマラソン人生観を変えてしまった出来事があった。

途中でストレッチしてたら、これ使いなよ。ってエアサロンパスを差し出してくれたランナーがいた。
何だかすごく有難く涙が出そうになった。・・・出たかもしれない^^;

その事以来レースの見方が変わってしまった。

それまでは、周りはすべてライバル、敵、隙あらば追い抜いて先へ先へと自分本位でライン取りしていた。
それがあの一件以来、周りは同志、みたいな気持ちになってしまった。

話は逸れたが、フルの自己ベストは2011年の東京マラソンで3時間28分。
最低でもあと30分弱は速く走らないと・・・大雑把にハーフを90分以内は常か。

未だハーフは1時間40分を切れるかどうか・・・自己ベストは1時間36分だけど。

さてさて、サブ3はいつになる事やらって所で・・・・つづく


マラソン・ジョギング ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第68回 富士登山競走 山頂コース5年目 [RUN]

久しぶり過ぎる更新です。とても長文です。

毎年参加している富士登山競走。

今年からはナンバーカードの数字が赤文字に・・・?
DSC00714.JPG

もしかしてこれは、今年結果を残さないとCブロック落ちというカラータイマー的なものなのか?
と不安になり事務局へ問い合わせた所、ただ単に50歳以上と判別しやすいように赤文字なんだとか。

それでも去年は馬返しまでで大失態をやらかし5合目までの渋滞にハマってしまい散々だったので、今回は何としてでもという思いで挑んだ。

先ずは前日に富士吉田入りをして鐘山グランドで車中泊。
21時には床に着いたのだが、後から来る車の騒音とドアをバタンバタンと開閉する音で中々寝付けない。
一晩中それが続くと午前3時頃から近くの大宮ナンバー車がエンジンをアイドリングしっぱなしでエアコンつけて寝てるし・・・あ~うるさい!と寝不足のままスタートを迎えるはめになってしまった。

朝、富士山には雲がかかっていた。
DSC00730a.jpg

何となくラッキー!と思ってしまった。

午前7時、Bブロック後方でスタート!
ロスは48秒
とにかく馬返しまでは突っ走るのみ!1時間を目安に走った抜かした走った抜かしたを繰り返す。
日影に入ると帽子は脱いでウエストポーチのベルトに付ける。

途中の給水は必ず立ち寄る。
しばらくすると歩きだす人がパラリと現われるが、ここで悪魔のささやきが聞える。
後で巻き返せばいいじゃん!て。

いやいや、なんのために坂道練習したんだよ!
馬返しまで突っ走るためだろ!

ってはねのける。の繰り返し。
終いには5合目でアウトして北麓公園でのんびりするのもいいか~なんて妄想しだす。

そうこうするうちに、路肩に駐車する車が数台!スタッフさんの車だ!
もうそろそろ馬返しだと気付き、ダッシュした。

馬返し着タイム、1時間04分
自己ベストだ。

自分の感覚では1時間10分は超えていると思って時計は見ずに走ってた。
ここで要領悪く、給水に1分ほど費やしてしまった。

馬返し通過、1時間05分15秒



ここからは山道。
隣のランナーが「ここから歩ける!」と喜んでいたが、そんな甘くは無い。

5合目までの目標は2時間10分以内。
去年はここで渋滞にハマり散々だったので、とにかく今年も人の走らない砂溜まりなどを走って先へ先へと進んだ。

結果、5合目佐藤小屋通過タイムは2時間02分53秒
ここも自己ベストだ。

行けるかもしれない!と思い始めるが、このレースはここからが本番と言っても良い。
水で顔の汗を流し、給水とバナナを頬張り山頂を目指す。

6合目手前で日影をつくる樹木は無くなる。
しかし天気は曇り。ラッキーなのはここから先の日照りが無い事!
強風もほとんど感じられずに進めた!

いつもはここの給水所で空のペットボトルに水を入れてもらうのだが、忘れてしまった!
しかし今回は最後までペットボトルへの給水は無く登れたのも曇りのおかげだった。

7合目の岩場は得意分野。
皆が登りやすい所を2足歩行する脇を、四つん這いになって大きな岩や階段を登って行く。

ここで100人位抜いたかもしれない(笑

ふと時計を見たら、8合目の関門までまだ余裕があるなと思ったが油断は出来ない。

8合目は3か所あるのかな?3番目の本8合目富士山ホテルが関門。
何度ここをギリギリ通過した事だろう、今回は余裕で通過出来た!

本8合目関門、3時間37分09秒で通過。
ここも自己ベスト!

残るは頂上のフィニィッシュライン!
もう足元はフラフラ手はパンパンに浮腫んできてグーが握れない。
雲のすぐ下というか中というか・・・なので凄く寒くなってきた。
見上げてもガスっていて頂上がみえない。

そのうちに9合目?の鳥居が見えて来た!
あぁ、ここまで来たんだと実感して鳥居の柱を一撫でして先へ進む。

途中、スタッフの「あと200m!」の声に誰かが「それは標高?距離?」との質問が笑えた。
もちろん距離である。

そして最後のカーブを曲がると最後の鳥居が見えた!
やったのだ!勝ったのだ!何に勝ったのか?
人にか?自分にか?

否、4時間30分という制限時間に勝ったのだ!
思えば、どんなに抜かされても何とも思わない。
ロードでは抜かされて悔しいとか追っかけてやろうとか思うのに、このレースだけは不思議と何とも思わない。
常に時間が追いかけて来る感覚なのだ。
根性論でもない、ただただ前に進む事だけを本能的にやっただけなのだ。
いくら負けても最後に勝てばチャラ!

では、鳥居からフィニッシュまでを・・・
top1.png


top2.png


top4.png


top3.png





フィニッシュタイム、4時間11分28秒
自己ベスト更新。

完走

頂上では時間内完走で大泣きする女性がいた、わずかに届かず時計を見ながら茫然としてフィニッシュする男性も・・・。何となくわかる!

自分もいつまでも自己ベストを出し続けるジジイでいたいな。

下山道で靴底はボロボロ、もう練習用にするしかない。
DSC00745.JPG

不思議とこのレースに筋肉痛は無く走快感と心地良い疲労感が残る。



マラソン・ジョギング ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第67回 富士登山競走 山頂コース4年目 [RUN]

いま更だが、この年の記事を書き忘れていたので思い出しながら書いておこう。

山頂コース4年目。
去年、3度目の正直で念願の時間内完走出来たので少々安心していた。
今思えば、慢心のレースだった。


前の晩に富士吉田入りをして温泉で汗を流し、近くの「なか卯」ではいからうどんを食べて鐘山の臨時駐車場へ車を停めた。
22時頃だろうか、床に着き吸い込まれるように寝てしまった。

翌朝は十分に睡眠がとれて頭の中はスッキリ!

DSC00444a.jpg


身支度を済ませシャトルバスで会場入り。
スタートまでにアップとトイレ。
そしてスタートの号砲!2回目の時間内完走へ向けて走りだした。

市街地を抜け木蔭に入って給水。全ては順調に進んでいった。
途中、いつも動画を撮ってYouTubeにアップしている人も見た。
そして第一の目標、馬返し。
ここを1時間以内の通過予定だったが、感覚として1時間5分位と思って時計を見た!

1時間10分19秒・・・!

すべては順調のはずが、かなり出遅れた!
その先の山道は言うまでも無い、頻繁に渋滞に巻き込まれ5合目関門手前では中々進まず渋滞というより停滞。

佐藤小屋を通過したのは、2時間13分54秒・・・

最悪である。
ここの目標は2時間5分以内だったのに。
焦りが足に来たのはこの後すぐ。
それでもなんとか4時間②9分ぎりぎりでのゴールシーンを思いながら坦々と登って行き、時には走って行った。

八合目関門手前、あと1分!との声が聞えてぼやけた頭がシャキッと目を覚ます。
ここで終わりかもしれない!と思うと同時に全身をバネの様に弾ませ走った・・・・・。

3時間59分23秒

ぎりぎりの関門通過。
しかしここからが砂礫のつづれ折り。
照りつける日差しと風で中々前に進む気力が起きない。
ただ見上げると山頂はもうすぐそこに見える、本能的に登って行くしかなかった。

9合目の鳥居を見たところで4時間30分・・・・・

思わず「終わった~」と叫んでしまった。
実際はあまり声にならなかったと思う。
手はパンパンに膨れてもう悔しがる拳も握れない。
それでも頂上を目指して坦々と歩を進めた。

4時間43分40秒

静まり返ったフィニッシュをした。
時間内完走した選手がまだ記念写真を撮っていた。
完走を確信していた自分が情けなく恥ずかしく、コーラを飲みほしたら逃げるように下山道へと向かった。

そしてこの年の夏は終わったのだ。

DSC00449a.jpg




順調だったはずの計画も日々の練習もすべて、時間内完走したんだという慢心があったと思う。

振り返れば。。。人生の中でいったい何回繰り返せば良いんだと言うほどコイツ、慢心は登場しやがる。

イイ気になっているといきなり頭からバチーンと地面に叩きつけられるのだ。

それをシンプルに分かりやすく教えてくれるこのレースが、やはり好きだ。

体が動くまで挑戦し続けるんだと思う、タブン。




マラソン・ジョギング ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

富士登山競走・・山頂コース3年目 [RUN]

-------------------------------------------------------

富士登山競走を走破するのに3年かかったへタレオヤジの記録、第3回です。

この先、挑戦しようと思っている人や時間切れで悔し涙をのんだ人の参考になればと思います。

------------------------------------------------------

三度目の正直!負けっぱなしじゃ終われない。

2013年、富士山が世界遺産に登録されてしまった・・

喜ばしい事ではあるが、登山客が押し寄せて混雑するのでは?

と、ランナー側の勝手な言い分が頭をよぎった。

---------------------------------------

いつものように車中泊。朝食にトイレ歯磨き。

サクサクと準備を進める。もう慣れた手際良さ。笑

隣の車の人が米を研ぎ炊飯を始めた。

「これからですか?」 思わず聞いた。

「うん、5合目コースだから」

富士山は初めてというその人は完走できたのだろうか?

------------------ スタートから馬返し ----------------------

なんとなく緊張していたのか、スタート前の写真を撮り忘れた!

13DSC00004.jpg


そしてスタート!恒例の掛け声、この年はタニマリさん!

エイエィ・・・がんばるゾー!????

あれれ・・・タニマリ!そこはエイエイオー!でお願いしたかった。

拍子抜けでスタートした3回目の挑戦!


今回の作戦はこうだ!

とにかく馬返しまでは走り続ける。通過タイムは1時間以内を目標に!

給水は必ずとる。

前回の失敗から身軽にするため、空のペットボトルにスポーツドリンク粉末を入れて背負って登る。


結果、1時間07分42秒

かなり焦った!

----------------- 五合目まで -------------------

5合目までの目標タイムは2時間以内。

山道は坦々と早歩き、坂が緩やかな所は必ず走る。

人の後は付いて行かないで、険しい道でも空いていればそこを進む。


その結果5合目通過タイムは、2時間09分47秒


なんとなく取り戻した感があった・・が、ここで安心しない事。

5合目の給水で、ペットボトルに半分だけ水を入れてもらう。

軽くするため、満タンにせず給水所ごとでこれを繰り返す。

給食も忘れずに!

--------------- 8合目まで ------------------

森を出て感じたのは、今年は風が強いという事。

ここから先は砂礫と岩場と階段が続く。

ゆるい所は走り、階段は膝や太ももに手を付いて登る。

岩場では、足場となる所は混むので大きな岩に四つん這いでしがみつき登る。

岩場は絶好の挽回ポイント!人の後ろを付いて行っては遅れる。

野生児になって、手足を使って前へ前へ進み遅れを取り戻す!

とにかく、隙間が出来れば前へ前へと進まなければ負けだ!


ろころが!

7合目を通過したあと、岩場で膝を強打してしまった。

一気に力が抜けたが、かばいながら行っても疲れるのは同じ。

なので、痛みは無視することにした。


順調に進んでいると思ったが、7合目を過ぎて上から聞えた声に耳を疑った、

「関門~、あと15分だよ~」

まだ下の8合目にも着かないのにあと15分って。。。。。


完全に間に合わない!

今年もダメなのか!

こんなに準備してきてもまだ足りないのか!

力尽きそうになり、焦点が定まらない。

フラフラよろめきだしたのが分かった。

容赦なく強い風が吹き付ける。

それでも何とか下の8合目までたどり着いた。



??そこに関門があった・・・!



ここで、ちょっとしたミスをしていた。

7合目だと思った所が、実は下の8合目だった。

無意識に下の8合目を通過していたのだ。



8合目関門通過時間、3時間48分24秒


あと残り40分ある!ここで元気を取り戻した!

目指すは頂上!


---------------- 頂上へ -------------------

この先つまづかなければ、初の時間内完走だ!

逸る気持ちを抑えつつ、追い越しをかけて進んだ。

攻めて行かなきゃ挑戦じゃない!

そう言い聞かせて。

そして、最後の鳥居と狛犬が見えた!

ここからは歩いても間に合うが、もちろんそんな事はしない。


勢いよくフィニッシュした!


ゴールタイム、4時間23分06秒


時間内完走!

いままで走ったどのレースよりも、充実感がある瞬間だった。

13DSC000uuuu08.jpg



----------------- 山頂での光景 ---------------------

フィニッシュ後、記念撮影をして皆に登頂メールを送った。

そして、次々に登って来るランナーを応援をした。

走れ~!走れ~!

気が付けば声を張り上げて叫んでいた。

その時の声は、誰かがYouTubeにアップしたゴールシーンの中に偶然入っていた。



そして制限時間の時。

ギリギリでアウトとなった女性がいた。

4時間30分02秒

これがレースなのだ。





マラソン・ジョギング ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る